PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.1

PGP日本語版のダウンロード


日本語メールの問題
PGP国際版は"英語版"ソフトのため、日本語の場合は「文字コード」問題があります。 WindowsやMacintoshお使いの方は文字コードは"シフトJIS"という文字コードですが、 インターネットメールの世界では一般的には"JIS"という文字コードを使います。
一般に電子メールの送受信を行うメーラーは内部でこの"JIS-SJIS変換"を自動で行って いますが、PGPによる暗号化をしてしまうとこの文字コード変換を行うことが出来ません。 そこで、日本語対応が必要になります。

日本語対応ソフト
日本語の文字コード変換に対応した方法はいくつかありますが、以下の方法をお勧めします。
  • "PGP 6.5.8ckt日本語版r3" を導入する
このソフトは"PGPTray"という常駐してクリップボードとの間で暗号化/復号のやり取りをするソフトなど を日本語対応("JIS <-> SJIS"変換などをサポートします)にするものです。
なお、この版はPGP6.5.8ckt-build08相当です。

PGP6.5.8ckt日本語版のダウンロード
上記の"PGP 6.5.8ckt日本語版r3"日本語化ファイルを組み込んだインストーラ付のものをPGP Userさんが作成されています。
新規に日本語対応のPGPを導入される方はこのインストーラ付のものをお勧めします。
インストーラは以下の場所から取得してください。
  • PGP 6.5.8ckt日本語版r3
  • また、PGP6.5.8ckt日本語版r3用のパッチも入手します。
  • PGP 6.5.8ckt日本語版r3不具合修正用パッチ

  • PGP 6.5.8ckt日本語版の要求スペック
    PGP 6.5.8ckt日本語版の要求スペックは以下の通りです。
  • 対応OS … Windows 95,98,NT(SP3以降)(※),Me,2000,XP
  • 32MB以上のメモリ
  • 16MB以上のハードディスク
  • Internet Explorer 4.0以上(出来れば)

  • なお、PGPnetをインストールする場合はさらに次のスペックが必要です。
  • TCP/IP
  • LAN/WAN用ネットワークアダプタ(LANボード,LANカード)
  • Windows95の場合はOSR2(4.00.950b)以降

  • 次へ

    Back to Index

    Back to General Index

    e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

    最終更新:2004年1月30日