PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.4

鍵の生成


鍵生成Wizardの起動
鍵の生成を行うために鍵生成Wizardを起動してください。
Wizardは"PGPkeys"の"鍵"にある"新しい鍵.."で起動できます。

鍵作成ウィザード
「公開鍵」と「秘密鍵」をこれから作りますよ、という説明です。
"次へ(N) >"をクリックします。

名前とメールアドレスの入力
ユーザー名およびメールアドレスを入力します。
日本語を入れると文字化けしますので、必ず
英語名 を入れてください。

012.png


鍵のタイプの選択
鍵のタイプを選択します。
Diffie-Hellman/DSS
5.0以降で採用された鍵です。通常はこれを選択して下さい。
RSA
"古いタイプの"鍵です。
2.6.3iとやり取りする場合はこの鍵を選択して下さい。
V4形式のRSA鍵を作成する場合は"RSA V4"にチェックを入れてください。
ElGamal
GnuPGで対応している鍵です。
PGPは6.5.8ckt以外は未対応ですので出来れば選択しないで下さい。

013.png


鍵のサイズの選択
鍵のサイズを選択します。
数字が大きいほど暗号は強度になりますが、暗号化/復号に時間がかかります。 通常は最初にチェックの付いている"2048bits"にしてください。

014.png

鍵サイズ選択メニュー(DH/DSS)


鍵の有効期間の設定
鍵の有効期間を決めます。
一時的に使用したい場合は設定してください。
通常は"Key pair never expires"にチェックを入れてください。

パスフレーズの設定
パスフレーズを設定します。これは復号の時に必要になります。
誰にも分からないようなパスフレーズを考えて入力してください。 これを他人に知られると解読されてしまうかもしれません。

016.png

当然ですが、 日本語は不可です。 英数字8文字以上で設定してください。
"パスフレーズ"ですので、半角スペースなども間に入れることをお勧めします。
下の"確認のための入力"には上と同じものを入れてください。

鍵ペアの生成
プログラムで公開鍵と秘密鍵を生成します。
"次へ(N) >"がクリック出来るまでお待ちください。
もしいつまでも終わらない場合はマウスを適当に動かしてください。 これにより乱数を発生させます。
参考:Imad's PGP Pageにある "keygen.avi"をPGPをインストールしたフォルダに入れておくと鍵ペアの生成時に 画面上に動く絵が表示されます。

公開鍵サーバーへの公開鍵送付
公開鍵を公開鍵サーバーに送付するかどうかを聞いています。
これに登録するとあなたの公開鍵が簡単に検索により探せるようになります。
もしインターネットに接続されている環境で、送付する場合はチェックを入れてください。 送付しない場合はチェックを入れずに"次へ(N) >"をクリックします。

鍵ペア作成完了
これで鍵の生成は終わりです。
"完了"をクリックして終了してください。"PGPKeys"に現在生成した鍵が登録されています。

017.png


<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2003年7月15日