PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.9-1

"そろっち"の設定


桁揃え及びPGP制御プログラムである"そろっち"の設定です。
"そろっち"はこちらからダウンロード出来ます。
このソフトは桁揃えがメインの機能ですが、PGPtrayを使用した
PGPの暗号化/署名/復号に対応しています。
現在の最新バージョンはVer.1.7です。


表示
ここでは"そろっち"でのメインウインドウのフォント設定をします。

064.png

フォント名
メインウインドウで表示する際に使うフォントを選択します。
サイズ
フォントサイズを選択します。

文揃え
"そろっち"の名称の由来にもなっています"文章の桁揃え"機能の設定です。

065.png

桁数
1行の文字数を設定します。この文字数で改行されます。
なお、全角=2文字,半角=1文字で数えます。
引用符
引用扱いする記号を設定します。
ここにある記号からはじまる行は引用行扱いになります。
次行接続
する…桁溢れした内容を次行に流し込みます。
引用だけ…引用行だけに次行接続処理を適用します。
しない…次行接続処理をしません。
禁則など…ここにチェックすると英単語の途中や句読点の直前で改行しません。
引用行注釈
改行位置を変更した場合に引用行の後につける注釈文を設定します。

PGP関連
PGP関連の設定です。

066.png

PGPを使う
PGPを使う場合はここにチェックを入れてください。
Version:
2.6.3i…DOS版の2.6.3iを使う場合はここにチェックを入れてください
5.5.3i〜…GUI版の5.5.3i/iJ/J,5.5.5J,6.0.2iを使う時にここにチェックします
6.5.1i〜…GUI版の6.5.1i/6.5.8/7.0.3を使う時にここにチェックします。
暗号化でも署名をする
暗号化メールにも署名をつけます。
JISコードを使用する
暗号化/署名/復号のときにJISコードで出力します。
PGPのWindowを強制的に前面移動する
PGPのウインドウがそろっちの後ろに隠れてしまう時にチェックを入れます。
※2.6.3iのみの設定は省略しました。

その他
その他の設定です。

067.png

自動コード変換
ここにチェックがあるとテキストが"JIS(ISO-2022-JP)"や"EUC(EUC-JP)"の場合に自動でコード変換をします。 PGPを使用する場合はチェックしておいてください。

<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2002年4月29日