PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.9-2

"そろっち"を用いた署名メールの送信


メールを送信する際に改竄(かいざん)されていないことを証明するために
PGPによる電子署名をつけます。メーラーによらない場合の例で説明します。


メールの本文を書く
お使いのメーラーまたはテキストエディタなどでメールの本文を書きます。
書き終わったら本文を「切り取り」してください。

"そろっち"の起動
署名をつけるために"そろっち"を起動します。
このソフトがない場合はこちらからダウンロード出来ます。
起動すると下のようにさきほど切り取った文章が出ています。
なお、そろっちの設定についてはこちらをご覧下さい。
068.png
"そろっち"の画面(署名前)

署名をする(1)
"そろっち"の下部にある"署名"をクリックする。
しばらくするとパスフレーズ入力画面になるのでパスフレーズを入力して"OK"をクリックする。
069.png
パスフレーズ入力画面

メーラーへの貼り付け
"そろっち"に署名付きのメール本文が表示されるのを確認後、メーラーのメール送信パッドにて"貼り付け"をする。 署名結果の表示時にすでにクリップボードに署名付き本文はコピーされています。 そして一般のメールと同様にメールを送信してください。
070.png
"そろっち"の画面(署名後)

<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2002年4月29日