PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.11-2-2

"Datula"を用いた署名/暗号化メールの送信


第3者にメールを読まれないようにしたり改竄(かいざん)されていない
ことを証明するためにPGPにより電子署名や暗号をつけます。
Datulaを使った例です。


メールの本文を書く
Datulaで"起稿"または"返信"でPostmanを立ち上げメールの本文を書きます。

PGP暗号化/署名
"編集"メニューにあるPGP処理を選択します。
この際、"PGP/MIME"のチェックを外してください。
  • PGP暗号化…メールを暗号化します
  • PGP署名…メールに電子署名をします
  • PGP暗号化と署名…メールに電子署名をし、暗号化します
092.png
Datulaの"編集"メニュー(Postman)

暗号化をする
"暗号化"にチェックを入れた場合、しばらくすると受信者選択画面に
なるので送信先アドレスを下の"受信者"にドラッグ&ドロップする。
"OK"をクリックすると暗号化が完了します。
また、いくつかオプションがあります。
セキュアビューアで表示させる
このオプションを選択すると復号時に安全な"Secure Viewer"を使って表示します。
これを使用すると復号の際にテンポラリファイルを使用しないのでこれを狙った
クラックを防げます。
なお、日本語には対応していませんので日本語を使うと文字化けします。
慣用暗号化を使う
このオプションを選択することにより独自のパスフレーズで暗号化できます。
復号する時はPGPが導入されているなら誰でもパスフレーズのみの入力で復号できます。
085.png
鍵選択ダイアログ画面

署名をする
"署名"にチェックを入れた場合、しばらくするとパスフレーズ入力画面になるので パスフレーズを入力して"OK"をクリックする。
086.png
パスフレーズ入力画面

メール送信
処理が成功すると"PGPの処理が成功しました"というポップアップメッセージが表示され、 暗号化または署名されたメールが"Postman"に表示されるので、 "送信"または"投函"をして一般のメールと同様にメールを送信してください。
093.png
PGP処理終了ポップアップ(Datula)

<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2002年5月5日