PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.11-4-1

"Becky!Ver.2"の導入と設定


Windows用メーラーの"Becky!Ver.2(以下B2)"でPGP Pluginを使えるようにします。
"B2"はこちらからダウンロード出来ます。
現在のB2の最新バージョンはVer.2.28.01(シェア版)です。
コマンドライン版のみでの対応です。
※GUI版のプラグインも公開されていますがまだテスト版です。


"Autoexec.bat"の書き換え
コマンドライン版を実際に使用するには"Autoexec.bat"に PGPのフォルダへのPATHを設定する必要があります。
(デフォルトの場合)
"Autoexec.bat"に以下の行を追加する。
SET PGPPATH=C:\PROGRA~1\Networ~1\PGP
SET PATH=%PATH%;C:\PROGRA~1\Networ~1\PGP
注1:この2行は"Autoexec.bat"の最後の行に追加してください。
注2:"C:\"の先は現在"PGP.exe"の入っているディレクトリを指定してください。

"pgp.cfg"の修正
すでに"PGP.exe"の入っているフォルダ内に"pgp.cfg"という設定ファイルがある場合は 以下の行のように修正してください。
※"pgp.cfg"がない場合は作成しなくても動作しますので作成しないで下さい。
----ここから----
COMPATIBLE=on
MyName = "UserID"
EncryptToSelf = on
PubRing="C:\PROGRA~1\Networ~1\PGP\PGPKEY~1\pubring.pkr"
SecRing="C:\PROGRA~1\Networ~1\PGP\PGPKEY~1\secring.skr"
RandSeed="C:\PROGRA~1\Networ~1\PGP\randseed.rnd"
----ここまで----
※初期設定どおりにインストールを行った場合の設定です。
設定の際はこちらも参考にしてください。

Windowsの再起動
上記の設定を有効にするためにWindowsを再起動してください。

PGP Pluginの導入
B2の初回起動時に以下のダイアログが出ますので、"OK"をクリックしてインストールしてください。

102.png

B2 PGPPluginのインストール画面


B2のPGP関連の設定
PGPプラグインの設定は"ツール"メニューの"PGP:設定"で行います。
PGP/MIMEを使用する場合は"PGP/MIME(RFC2015)をを使用して送信メッセージを作成"にチェックを入れておいて下さい。 PGP/MIMEを使用しない場合はここのチェックを外してください。

103.png

B2の"ツール"メニュー

104.png

B2のPGP設定


<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2006年11月4日