PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.11-4-2

"Becky!Ver.2"を用いた署名/暗号化メールの送信


第3者にメールを読まれないようにしたり改竄(かいざん)されていない
ことを証明するためにPGPにより電子署名や暗号をつけます。
B2を使った例です。


メールの本文を書く
B2で"新規メール"または"返信"でメッセージ作成画面を立ち上げメールの本文を書きます。

PGP暗号化/署名
"ツール"メニューにあるPGP処理を選択します。
  • PGP:暗号化…メールを暗号化します
  • PGP:署名…メールに電子署名をします
  • PGP:署名と暗号化…メールに電子署名をし、暗号化します()
  • PGP:公開キーの添付…メールに任意の公開鍵を添付します
105.png
B2の"ツール"メニュー(メッセージ作成画面)

暗号化をする
"暗号化"にチェックを入れた場合、そのまま待っていると処理が終了します。
メールの送信先の公開鍵でのみ暗号化処理を行います。
暗号化処理の結果はウインドウに出ます。

106.png

PGP暗号処理結果画面


署名をする
"署名"にチェックを入れた場合、しばらくするとパスフレーズ入力画面になるので パスフレーズを入力して"OK"をクリックする。
PGPユーザーIDに書かれているIDの秘密鍵で署名されます。同じユーザーIDの秘密鍵
107.png
パスフレーズ入力画面

メール送信
処理が成功すると"暗号化または署名されたメールがメッセージ作成画面に表示されるので、 "送信箱に入れる"または"直ちに送信"ボタンをクリックしてして一般のメールと同様にメールを送信してください。

※注:もし"署名と暗号化"処理を行うことが出来ない場合は"PGP.exe"を別なものに変更する必要があります。 詳細は[FAQ]をご覧下さい。

<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2002年5月5日