PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.11-5-2

"秀丸メール"を用いた署名/暗号化メールの送信


第3者にメールを読まれないようにしたり改竄(かいざん)されていない
ことを証明するためにPGPにより電子署名や暗号をつけます。
秀丸メールを使った例です。


メールの本文を書く
秀丸メールで"新規メール"または"返信メール"でメッセージ作成画面を立ち上げメールの本文を書きます。

PGP暗号化/署名
"編集"メニューにある"暗号化/電子署名"を選択します。
tk_03.png
秀丸メールの"編集"メニュー(メッセージ作成画面)

暗号化/署名
暗号化/署名の各処理を選択します。
  • 処理:暗号化…メールを暗号化します
  • 処理:電子署名…メールに電子署名をします
  • 処理:暗号化+電子署名…メールに電子署名をし、暗号化します
  • 形式/処理プログラム指定:PGPを使用する場合は"PGP"を選択します
  • PGP/MIME形式:PGP/MIMEで暗号化/署名をする場合に選択します
  • 復号できる人:暗号化時、復号出来る人を選択します。通常は"To:"に入っているメールアドレスになります
  • 送り主も含める:暗号化後のメールを自分でも複合出来るようにする場合チェックを入れます
tk_04.png
"暗号化/署名"メニュー(メッセージ作成画面)

暗号化をする
"暗号化"にチェックを入れた場合、そのまま待っていると処理が終了します。

署名をする
"署名"にチェックを入れた場合、しばらくするとパスフレーズ入力画面になるので パスフレーズを入力して"OK"をクリックする。
  • 目隠し表示 … 入力したパスフレーズを目隠し表示する場合チェックを入れます
  • パスフレーズを秀丸メール終了時まで覚えておく … 複数のメールを署名する場合チェックを入れておくと次回はパスフレーズの入力が不要です。
tk_05.png
パスフレーズ入力画面

メール送信
処理が成功すると"暗号化または署名されたメールがメッセージ作成画面に表示され、確認ウインドウが表示されるるので、 "あとで送信"または"今すぐ送信"ボタンをクリックしてして一般のメールと同様にメールを送信してください。
tk_06.png
PGP処理完了画面

<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2005年8月10日