PGP 6.5.8ckt-Ja User's Manual No.11-5-3

"秀丸メール"を用いた受信メールの復号/検証


PGPによって署名されたメールの検証及びPGPによって暗号化されたメールの復号
について説明します。どちらの場合もやり方は同じです。
PGP/MIMEメールの復号/検証も同様に行います。


PGPメールの選択
PGPで暗号化/署名されたメールをメッセージ一覧から選択する。
メールのSubjectをクリックすると選択され、反転表示になります。

復号/検証
"編集"メニューにある"暗号の復号/電子署名の検証"をクリックします。
復号または署名の検証がはじまります。
tk_07.png
秀丸メールの"編集"メニュー(メール一覧)

復号する
暗号化メールの復号の場合はご自分のパスフレーズ入力画面が出ますのでパスフレーズを入力してください。 しばらくするとメールのビューアーの方に復号されたメール本文が表示されます。
署名の検証結果は出力結果ウインドウに表示されます。
  • 目隠し表示 … 入力したパスフレーズを目隠し表示する場合チェックを入れます
  • パスフレーズを秀丸メール終了時まで覚えておく … 複数のメールを復号する場合チェックを入れておくと次回はパスフレーズの入力が不要です。
  • 復号結果の扱い:一時的に表示する … 復号結果を保存しない場合チェックを入れます
  • 復号結果の扱い:現在フォルダに保存する … 復号結果を保存する場合チェックを入れます
  • 復号に成功したら暗号化メールはゴミ箱に保存する … 復号結果を保存時、元の暗号化メールは破棄する場合にチェックを入れます
tk_08.png
復号時のパスフレーズ入力画面

メールの検証
署名メールの検証の場合は出力結果ウインドウに検証結果が表示されます。署名結果がBadになる場合は メールが改竄されている可能性があります。ただし、問題ない場合もあります。これについてはFAQをご覧下さい。

tk_09.png
出力結果ウインドウ(検証時)


<-戻る 次へ ->

Back to Index

Back to General Index

e-mail: daasan@anet.ne.jp PGP Public_Key

最終更新:2005年8月10日